Column
大会コラム

インタビュー

秀岳館-岐阜第一:試合後インタビュー

岐阜第一 1-0 秀岳館

■岐阜第一・今村咲良選手

「(先制のスクイズについて、)自信はあまりなかったのですが、チームを勝たせたかったので、それだけ考えて必死に決めました。相手ピッチャーがストレートが多かったので、そこに絞って打てる気がしていたのですが、(スクイズを決め、)まず1点を取ることができて、ピッチャーにも余裕を持たせることができ、チームの勝利が近づいたと思ったので嬉しかったです。(今大会の好調の要因について、)今までは初球打ちをあまりしていなかったのですが、分析してくれる選手たちから『初球は甘めにくる』と言ってくれたことが結果につながっているので、本当に周りの人に感謝です。」

■岐阜第一・髙橋愛投手

「ピンチでも味方のエラーがあってもポーカーフェイスで周りを不安にさせないようにやっていますが、ずっと緊張はしていました。今日はDHを使っていたので、ピッチングに専念することができました。コースの投げ分けをしっかりして、長打にならないように気をつけました。今日はテンポ良く投げれたので、守備でリズムを作れたかなと思います。(次戦について、)今日みたいな接戦になるとは思うので、しっかりと投げ分けをして勝って甲子園にいきたいと思います。」

■岐阜第一・小久保志乃監督

「率直にホッとしています。ヒットになってもおかしくない当たりをアウトにしたり、随所にいいプレーが出ていたので、守備から流れを作り、少ないチャンスをものにできたと思います。本当に集中力を感じます。守備の面で見たことのないプレーが出ているので、今まで以上のものがしっかりと出せていると思います。(明日の開志学園戦について、)今日も凄く打っていたので、ピッチャー中心に守備をしっかりやって先取点を取れるかというところだと思います。」

■秀岳館・若本七海主将

「どの回も笑顔で、みんなが声を出して『負けない』という気持ちでやれました。(最終回、先頭打者での安打について、)今までみんなで頑張ってきたから、1点返せるとみんなを信じてガッツポーズしました。楽しい時もあったし、もちろん辛い時もあって、みんなの支えがあってここまで来れたので悔いはないです。次の代では絶対甲子園に行って欲しいです。」

■秀岳館・山田豊監督

「エンドランのタイミングが早すぎて、外されてアウトになったところでうちの流れがシャットアウトされたなと。監督の責任ですね。もっと勉強しなければと思いました。塁に出ることも少なかったので、うちの機動力野球が封じ込められてしまったと思います。『楽しんで野球をする』というところをずっとやってきたので、最後まで元気よく諦めずに頑張ってくれました。甲子園は遠いなと。どこも力は拮抗していてどこが勝ってもおかしくない中で、楽しんでくれたことは良かったと思います。子供たちは100点です。」