Column
大会コラム

コラム

秀岳館 vs 岐阜第一

岐阜第一 1-0 秀岳館

岐阜第一が白熱の投手戦を制し、1-0で秀岳館に勝利した。

両チーム継投で臨んだこの試合は、5回を終わって0-0と緊迫した投手戦となった。試合が動いたのは6回表の岐阜第一の攻撃、先頭の4番森花楓が安打で出塁すると、続く5番上條優奈が三塁線にセーフティバント、6番一宮愛が送りバント、7番今村咲良がスクイズを決める。3連続で絶妙なバントを決めた岐阜第一が1点を先制する。

1点のリードを奪った岐阜第一は5回無失点の好投を続けていた先発の髙橋愛を交代し、1年生の桒澤明里がマウンドに立つ。緊迫した場面での登板となった桒澤だが、3奪三振無失点の落ち着いたピッチングで2回を抑え、ベスト4進出を決めた。

敗れた秀岳館は佐藤美咲、杉尾華乃、平田鈴乃と3年生3人の継投で1点に抑え、最終回には主将の若本七海が先頭で出塁するなど粘り強い攻撃を見せたがあと1本が出ず、惜しくも敗戦となった。