Column
大会コラム

コラム

京都両洋 vs 花巻東

花巻東 0-7× 京都両洋

京都両洋打線が花巻東投手陣を捉え、5回コールドで快勝した。

1回表二死一二塁のピンチを凌いだ京都両洋はその裏、先頭の主将・阿部莉真が二塁打で出塁し、すかさず送りバントを決める。この間に守備の乱れもあり無死一三塁のチャンスを作ると、3番堀川実夢が先制タイムリーを放つ。両洋はその後もスクイズとボークで2点を追加し、3点のリードを奪う。

両洋はその後も毎回安打を放ち、4回に1点、5回に3点を追加。最後は代打・廣瀬佑月のサヨナラ安打でコールド勝ちを決めた。

敗れた花巻東は4回までは毎回の安打でチャンスを作るもあと一本が出ず、本塁が遠い展開に。関口瑞生・菅澤陽向の継投で挑むも、両洋打線の勢いを止めることはできず、無念の敗退となった。