Column
大会コラム

コラム

沖縄県立南部商業 vs 高知中央

沖縄県立南部商業 0-7× 高知中央(6回コールド)

昨夏準優勝の高知中央が初出場の南部商業を下し、3回戦に駒を進めた。

試合は両先発の好投によって、0-0の膠着状態のまま終盤戦を迎える。4回裏、高知中央の先頭・松本安純がセンター前に落ちる当たりで出塁し、送りバントで得点圏にランナーを進めると連続で四球を選び1死満塁のチャンスを作る。回ってきた打者は本日公式戦初スタメンの切詰日菜。「返すしかない」という気持ちで打席に向かったという切詰が先制の二塁打を放ち、2点を先制する。

高知中央はこの回、さらに3点を追加し、一挙5得点。投げてはエース・和田千波留が6回を零封。6回裏に2点を取り、サヨナラでコールド勝ちを決めた。

夏の大会初出場の南部商業は2年生の先発・金城結愛が序盤のゲームを作った。高知中央・西内監督も「積極的な守備でなかなか攻め切ることができなかった」と語る好守を見せるも無念の初戦敗退となった。