Column
大会コラム

コラム

蒼開 vs 横浜隼人

蒼開 1-2× 横浜隼人

手に汗握る緊迫した投手戦は、横浜隼人のサヨナラ勝ちで幕を閉じた。

蒼開は初回、2番木戸菜々美が安打で出塁し2死2塁のチャンスを作ると、4番松木彩花のタイムリーで1点を先制し試合の主導権を握った。追う展開となった横浜隼人は4回、先頭の田上亜純が二塁打で出塁すると、2番永山愛瑛がきっちりと送り、1死3塁のチャンスを作る。続く中村朱里が放ったセンターフライは犠牲フライには浅く、挟殺プレーに持ち込まれたが、蒼開の守備にミスがあり同点となった。

その後は両エースの快投が続き、7回裏の横浜隼人の攻撃に。中村が内野安打で出塁するとすかさず盗塁を決め、1死2塁の絶好機を作る。最後は4番千見寺真央のレフトオーバーを放ち、サヨナラ勝利を収めた。千見寺は「いい場面で回ってくると思っていたので心の準備はできていた」と振り返った。