Column
大会コラム

コラム

埼玉栄 vs 京都両洋

埼玉栄 0-5 京都両洋

京都両洋が初回大会から連続出場を続ける名門校・埼玉栄に勝利した。

1回表を3人で抑えた京都両洋はその裏、相手のエラーとスクイズで2点を先制。さらに3回には2本のタイムリーとスクイズで3点を追加。5-0とリードを広げた。5点のリードを得た京都両洋の先発・漢人茉彩は、兄のフォームを真似したというトルネード投法で、本人も「完璧だった」との快投を続け、6回無失点。埼玉栄打線を封じ込めた。

敗れた埼玉栄は4回以降を無失点に抑え、最終回には1死満塁のチャンスを作る粘り強い戦いをするも、あと一本がでなかった。