Column
大会コラム

コラム

室戸 vs 広島県立佐伯

室戸4-6佐伯

 白熱のシーソーゲムの末、佐伯が6対4で室戸を下して2回戦に進出した。

 立ち上がりから点の取り合いとなった一戦。1回表に佐伯が2番・須田梨紗子の先制タイムリーから計3点を奪うと、その裏に室戸がすぐさま2点を返すと、3回裏には8番・石﨑彩心がセンター前へ勝ち越しタイムリー。室戸が4対3とリードを奪ったまま5回を終えた。

 だが、「みんなで声を掛け合っていた」と佐伯の須田梨紗子主将。焦ることなく反撃の機会を伺うと、6回表に3番・村山優羽のスクイズで同点。さらに2死満塁から6番・白石帆花がセンターへ弾き返し、打球がグラブを弾いて外野に転がる間に2者が生還。チーム一丸となった佐伯が接戦を制した。

 試合後、佐伯の松本庸兵監督代行は「ホッとしています」と語ると同時に「選手たちの成長を感じました」と笑み。敗れた室戸の横田尊監督は「展開的には価値ゲームだったと思いますが、甘くないなと感じました」と激戦を振り返った。