Column
大会コラム

インタビュー

開志学園-札幌新陽:試合後インタビュー

開志学園 1-0 札幌新陽

■開志学園・原田由真主将

「なかなか厳しい試合でしたが、ベンチ・スタンドの48人全員がゲームセットまでやり切ったことがこの勝利に繋がったと思います。(先制打について、)芯で捉えられたので打った瞬間から嬉しかったです。会心のあたりでした。打席に入る前も、『みんなから強くて低い打球を』という声があったので、それを意識して打てました。ここからも開志のスタイルを変えないでやっていきたいと思います。」

■開志学園・柏倉悠起奈監督

「最後はキャプテンが一本打ったことでチームに流れを持ってこれたし、その一点を最後まで守り切れたので良かったと思います。(試合展開について、)お互い守備が堅かったので、相手よりも先に点を取らなければという思いがありました。最後の最後まで苦しかったです。(先発・水口投手のピッチングについて、)『迷ったら得意なボールを』ということはいつも話していました。公式戦ではプレッシャーを感じてしまうことが多かったのですが、今日はそこに勝てたことが良かったと思います。」

■札幌新陽・能戸七海投手

「楽しく笑顔で、守ってくれている仲間を信じて投げようと思っていました。最後は少し疲れもあってストレートが浮いてしまいました。悔しさもありますが、この仲間とできて良かったと思います。」

■札幌新陽・青山真里子監督

「能戸のリズムの良いピッチングとバッティングも悪くはなかったのですが、あと1本出すというところでうまくいかなかったなと。中継プレイがしっかりしていれば点にはつながらなかったので、そこの甘さが出てしまいました。1球の重さを感じてしまう試合でした。3年生には『しっかり頑張ってくれてありがとう』と声をかけたいです。」