Column
大会コラム

インタビュー

秀明八千代-東海大学付属静岡翔洋:試合後インタビュー

秀明八千代 3-0 東海大学付属静岡翔洋

■秀明八千代・附田紗良選手

「(キャッチャーとして、)ピンチでも攻める配球をしてゼロで抑えられたので良かったと思います。(先発・竹本投手のできは、)最高でした。中学からバッテリーを組んでいるので息はぴったりです。そこだけは自信があります。1点2点とられることは予想していましたが0点に抑えてくれたので、打線もリラックスしてたと思います。」

■秀明八千代・竹本心愛投手

「ずっと怖かったのですが、2点取ってくれて楽に投げれました。いつもよりは焦らないで、笑顔で投げることができました。(先輩の附田捕手が、)引っ張ってくれるので、その通りに投げるだけでした。(次戦以降について、)いつでもいけるようにしっかりと準備をして、笑顔で投げることができたらいいなと思います。」

■秀明八千代・堀江大典監督

「最後の3点目が大きかったですね。最高の試合でした。何点か失点は覚悟していたので、完封は期待以上です。(次戦以降について、)勝つことしか考えていません。子供達には今年は笑って終わると言ってますので、最後までいって笑って終わりたいと思います。」

■東海大学付属静岡翔洋・齊藤美咲主将

「打って塁に出るという自分たちがやってきた攻撃のパターンをチャレンジできたいい試合だったので後悔はないです。同好会から始まったチームで3年間キャプテンをやらせてもらって、辛いことの方が多かったのですが、たった3人から始まったチームが61人になって、最後の大会を迎えることができて嬉しいです。笑顔で日本一という目標を掲げて、この試合も笑顔が輝いていたので、このチームカラーのまま次の代も頑張ってほしいと思います。」

■東海大学付属静岡翔洋・弓桁義雄監督

「力は出し切れたかなと思います。あと1本ヒットが出て点を取れていれば流れは変わったので、ツキもなかったとは思いますが、ツキをもたらすのも実力なので、まだまだ足りない部分はあるかなと。(今後のチームづくりについて、)やっていることは間違っていないとは思うので、全体的に鍛えていきたいと思います。」