Column
大会コラム

インタビュー

沖縄県立南部商業-高知中央:試合後インタビュー

沖縄県立南部商業 0-7× 高知中央(6回コールド)

■高知中央・切詰日菜選手

「(先制タイムリーについて、)最初は後手後手だったので自分が打たなければダメだなと。普段はあまり試合には出ていないので、思いっきりいこうと思っていました。先制点は一番大事なので、返すしかないという気持ちで打席に向かいました。」

■高知中央・西内友広監督

「今日は切詰に助けられたなと。切詰が打たなかったら負けていましたよ。(切詰選手の起用について、)昨日の練習試合で一人だけヒットを打っていて、そのバッティングが良かったと直感で感じたので起用したのがうまくはまりました。(次戦の神戸弘陵戦について、)スタメンでずっと出場している上位打線の選手たちがもっとやらなければダメだと思います。」

■南部商業・中曽根莉麻主将

「負けてしまいましたが、今までの練習の成果を出せて、試合もずっと楽しかったので悔いはないです。『絶対に勝つ』という気持ちでチームが一つになっって戦うことができました。3年生が2人しかいない中で、学年とか関係なくみんなで高めあっていけるチームだったので、2年生にはもっと強くなっていってほしいです。」

■南部商業・上間彩花監督

「『気持ちで勝つ』ということを第一に試合に臨みました。結果的にはコールドになってしまったのですが、最後まで全力を出しきれたと思います。(先発の金城投手について)持ち味の変化球を生かしたいいピッチングだったと思います。沖縄県に一つしかない女子硬式野球部を全国に名前を広めていきたいと思います。」