Column
大会コラム

インタビュー

埼玉栄-京都両洋:試合後インタビュー

埼玉栄 0-5 京都両洋

■京都両洋・漢人茉彩投手

「初戦なので、安定したピッチングと、楽しむことを意識してマウンドに上がりました。1年前の春に栄に負けているので、リベンジという気持ちでした。後半にかけてカーブを低めに集めて有効に使うことができました。仲間のエラーもピッチャーの自分がフォローすることができたのでそこが良かったと思います。(キャッチャーの家納選手とは)学年も同じで仲も良いので、阿吽の呼吸で投球することができました。」

■京都両洋・上田玲監督

「チーム数が増えて情報収集が追いついていない中で行き当たりばったりの試合運びにはなってしまう中で、勝つことができて良かったです。失点は覚悟の上で試合に臨み、ミスもありましたが要所を締める守備で無失点に抑えることができたので良かったです。」

■埼玉栄・千々岩那菜主将

「率直に悔しい試合でしたが、最終回に得点こそできませんでしたが粘り強い攻撃ができたのでそこは良かったと思います。5点を追う苦しい展開でしたが、3年生が中心となり下級生にも声をかけてチーム一丸となって戦いました。今日の試合は挑戦者のつもりで臨みましたが、京都両洋は打撃も良く、バントもきっちり決めてきたりと隙がありませんでした。」

■埼玉栄・池田健太郎監督

「(最終回の攻撃について)勢いがついてくれればなんとか粘れるかなと思っていました。3年生が少ない中で、最後は3年生が粘りを見せてくれたので、チームが一つになったと実感することができました。4月から監督になったばかりで、選手たちには野球の新しい楽しさの一面を見させてもらっているので、その楽しさを継承しながら、これからも選手にいい思いをさせてあげられるようにいいチームを作っていきたいです。」