Column
大会コラム

インタビュー

秀岳館-駒沢学園女子:試合後インタビュー

秀岳館8-0駒沢学園女子

■秀岳館・若本七海主将

「みんな最初から声が出ていて、試合が楽しかったです。初球を狙って行こうと言っていて、それをみんなが実行できた。みんなが一つになって、どんな場面でも笑顔でプレーすることができたので良かったです。(捕手として先発の佐藤は)リードしやすかったです」

■秀岳館・佐藤美咲投手

「(5回1安打無失点に)最初、力んでしまったんですけど立て直すことができたので良かったです。たまに逆球はありましたけど、全体的には思ったところに投げられた。無失点に抑えられて良かったです。次は春の優勝校(福井工大福井)なので、またみんなに助けてもらって、ピッチャー陣でいいリズムを作れたらと思います」

■秀岳館・山田豊監督

「すごく集中してくれて、スタートからうまくゲームに入ることができた。(大会初戦で)緊張はするだろうけど、普段通り、落ち着いてプレーすること。勝ち負けにこだわらずに楽しもうということができた。次は(福井工大福井相手に)胸を借りるつもりで、どこまで通用するか、悔いを残さないように全力で、泥臭く戦ってもらいたい」

■駒沢学園女子・二見季子監督代行

「初回にバタついてしまったのが響きましたね。でも随所でいいプレーはありましたし、最後にキャプテンが綺麗なヒットを打ってくれたので良かったです。今日は監督が不在で、1勝すれば監督と一緒に戦えるということだったんですけど…。勝つのは難しい。でも今まで頑張ってきたことは必ず将来への糧になると思うので、これからも引き続き頑張ってもらいたい。そしてまた野球をやりたいと、野球を続けてもらいたい」