Column
大会コラム

コラム

岩瀬日大-岡山学芸館

岩瀬日大0-8岡山学芸館

 岡山学芸館が8対0で岩瀬日大に完勝。パーフェクト継投で5回コールド勝ちを収めた。

 3回目の出場となる岡山学芸館は初回、1死2、3塁のチャンスを作って4番・堂前凌那のレフト前タイムリー、さらに2死2、3塁から6番・北原由結が低めのボールをうまくすくい上げて右中間を破る2点タイムリー2塁打で3点を先制。2回表に相手の隙を突いて1点を奪うと、「今日だけの1日限定」というチアリーディング部の応援も背に、3回には一挙4点を奪い、8対0とリードを広げた。

 投げては、先発の2年生右腕・中本姫菜がサイドハンドから鋭いボールを繰り出して3イニングを打者9人でピシャリ。さらに4回から登板した2番手・稲永奏、5回を任された3番手・齋藤佑衣の1年生コンビも、ともに1イニングを無安打に抑え、3投手の継投で5回パーフェクトのままコールドが成立した。

 敗れた岩瀬日大は惜しいシーンもあったが結果的に無安打。3年生6人が引っ張ってきたチームは、全国2度目の夏を終えた。